(English follows.)

募集 ソフトウェア開発者

日本科学史学会のデータベース委員会は、書誌情報データベースを構築するための汎用的なソフトウェア GBibWeb を開発するため、特にその中心となるメンバーを募集します。

開発しようとしているソフトウェアの概要は次のとおりです(細部において変更の可能性あり)。

  • PostgreSQLなどのRDBMSに蓄積された書誌データにアクセスするためのPHPで記述されたウェブアプリケーションで、一般利用者による検索ができることはもちろん、データの入力、レビュー、修正、管理作業をウェブベースでできるようにする。
  • 一般的なレンタルサーバに、容易にインストールできる(サーバに特殊な技術を要求しない)。
  • 取り扱うデータは多言語に対応。
  • 同種のデータベース検索サイト間を相互接続することなどの拡張性を考慮しておく。
  • GPLで配布し、さまざまな分野の文献データベースに転用可。

プロジェクトには基本的にだれでも参加できますが、中心的なメンバーには、次のことをお願いいたします。

  • RDBMSに関する知識がある。
  • PHPによるウェブアプリケーションの開発経験がある。
  • コピーレフトの意味を理解している。
  • 東京で打ち合せができる。
  • 開発プロジェクトの公用語は英語です(I18Nに配慮して、重要な文書やソースコードへの注釈は英語でお願いいたします)。技術文書の読解と簡単な文書の作成ができればかまいません。
  • ウェブアプリケーションの開発とテストができる環境があれば、打ち合わせ以外で出てきていただく必要はありません。

申し訳ありませんが、現時点で金銭的な報酬はほとんど用意できません。

  • 開発の成果やその過程で得られた知見については、ご自分の開発実績、研究業績としてくださってかまいません(むしろ奨励します)。学会発表に関しては、発表しようとされる方にとってできるだけ都合のよいように配慮いたします。
  • 日本科学史学会以外の団体で使いたいという要望があれば、成果物を使って、インストールや、ユーザ向け講習などの仕事を商業的におこなうことも自由です。

応募、お問い合わせなどは下記の技術担当窓口までお願いいたします。応募に関して取得した個人情報は第三者提供、目的外利用をしません。

日本科学史学会データベース委員会
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-13-1 嶋津ビル202
日本科学史学会事務局 気付
【技術担当窓口】田中克範 tanaka@computer.org

Unpaid Job: Software Developers

The History of Science Society of Japan's Database Committee seeks software developers to build a multi purpose web-based bibliographical Information system GBibWeb, especially, core project member.

Abstract of the software to be developed is following. (it is possible to be changed in detail).

  • It is able to access the stored bibliographical data in RDBMS such as PostgreSQL.
  • Users can search with brouser, data input, review, correction, and administration are able to web-based interface.
  • It is easy to install on ordinary rental servers, i.e., it does not require servers special technology.
  • It can handle multilingual data.
  • Expandability such as interconnection of same type database sites, should be considered.
  • It will distributed under GPL, so diversion of the system for various bibliographical database systems is allowed.

Anyone can attend the project. Core members should following conditions.

  • Knowledge about RDBMS.
  • Experience of web application development with PHP.
  • Understanding the meaning of Copyleft.
  • Possible to attend meetings in Tokyo (no frequent).
  • Official language of the project is English (important documents and comments in source code must be written in English for I18N).
  • If you have develop and test environment, you can work everywhere.

We are very SORRY, but we cannot pay reward as money at present.

  • You can claim the Fruit of the development and knowledge from development process are your development and research achievement. If you want to present at any engineering society, we will assist you.
  • You can use commercially the developed product for organizations, rather than the History of Science Society of Japan, such as installation, lecture for users, etc.

Please contact the following technical contact. Received presonal data must not be send any other third parties, and must not be used for other purpose.

The History of Science Society of Japan, Database Committee
Shimazu Bld. 202, 2-13-1, Hirakawa-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0093 Japan
Technical Contact: Katsunori Tanaka tanaka@computer.org

Software Developer Wanted


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-21 (木) 19:17:10 (3077d)